「看護師の悩みについて」の記事一覧

新人看護師の転職について考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職して3年以内で転職を考える場合というのは、転職先の企業などの面接官にとってあまり印象の良いものではありません。特に、大学を卒業して3年以内で前の職場を辞めるというのは仕事が長続きしないのではないかという印象を持たれてしまう場合が多いのです。 もちろんこれは、一般的な企業に就職した人たちだけにいえることではなく、新人看護師がすぐに職場を変える際にも面接官側からあまりよくない印象を持たれてしまうことが多いのです。では、新人看護師の転職で印象をよくするためにはどうすればいいのでしょうか。そのためのポイントの一つが、なぜ職場を変えるのか明確な目的を説明できるようにするということです。 就職して3年以内の場合に限らず、転職活動の場合には、なぜ転職を行うことにしたのか面接官に聞かれることが多いのです。その際にはっきりと明確な目的を持って新たな職場を探しているのだと面接官にアピールすることができれば・・・

新人看護師と退職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、新人看護師の退職が全国の医療機関で大きな問題として取り上げられるようになっています。知識や技術が未熟な看護師にとっては職場内での研修が非常に重要視されているものの、人手不足などを理由として研修の機会を確保できない医療機関に就職してしまった場合には、早期に離職につながる確率が高くなります。 そうした中、新人看護師の退職を減らすための対策をしっかりと考えている医療機関が徐々に増加しています。医療機関の多くは人命を預かっており、非常にハードな仕事が盛りだくさんですが、新人看護師が順調にキャリアアップを図ることができるような研修制度を整えることによって、スキルアップとモチベーションアップを図ることができます。 インターネット上では新人研修に力を入れている医療機関に関する特集が組まれることもあり、特にはじめての就職に心配している新人看護師を優しくサポートしてくれる医療機関には人気が集中していま・・・

新人看護師の離職率について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、新人看護師の離職率の高さが全国的に問題になっています。看護学校を卒業したばかりの人にとって学生時代と医療機関の中でのギャップが非常に大きいことや、職場内での人間関係が複雑であることから離職率の上昇につながっていることが指摘されています。 新人看護師のうち1年以内に職場を離れる人が全国的に10パーセントを超えていることがニュースにもなっており、全国の医療機関内では離職率を低下させるための対策を取る動きがみられています。そこで、新人教育をしっかりと行うために先輩の看護師がマンツーマンで研修を行っているプリセプター制度の導入を始める医療機関が目立っています。 プリセプター制度は新人であってもわからないことがあればすぐに教育担当の先輩に質問をすることができるために、一人で悩みを抱えることがないというメリットがあります。また、プリセプター制度は医療現場はもちろんあらゆる業種の中でも広がっていま・・・

新人看護師にまつわるストレスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新人看護師として仕事に就いた後、働きながら自分の存在が本当に病院の為になっているのかという事を考えてしまったり、仕事に関してどのような事を上手く行っていけば良いのかといった事が理解できず、困ってしまうというケースも少なくないので、そういった事が積み重なった事で、ストレスを抱え込んでしまう新人看護師も少なくはないのです。 本来であれば先輩看護師が新人看護師のフォローなどを行っていくのが普通で、徐々に仕事なども任されるところが増えていくものですが、そのような人ばかりが先輩看護師として存在している訳では無いので、そのあたりはとても難しい問題です。新人看護師がストレスを出来るだけ緩和して仕事を行っていくのには、精神的な負担が少なくなるように、個人の心因的負担を少なくしていかなけらばならないです。仕事そのもの自体が厳しくもありますし、間違いが許されない現場なので、新人看護師に対して寛容な職場を選ぶ事・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ