新人看護師の離職率について

近年、新人看護師の離職率の高さが全国的に問題になっています。看護学校を卒業したばかりの人にとって学生時代と医療機関の中でのギャップが非常に大きいことや、職場内での人間関係が複雑であることから離職率の上昇につながっていることが指摘されています。

新人看護師のうち1年以内に職場を離れる人が全国的に10パーセントを超えていることがニュースにもなっており、全国の医療機関内では離職率を低下させるための対策を取る動きがみられています。そこで、新人教育をしっかりと行うために先輩の看護師がマンツーマンで研修を行っているプリセプター制度の導入を始める医療機関が目立っています。

プリセプター制度は新人であってもわからないことがあればすぐに教育担当の先輩に質問をすることができるために、一人で悩みを抱えることがないというメリットがあります。また、プリセプター制度は医療現場はもちろんあらゆる業種の中でも広がっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ