新人看護師の転職について考える

就職して3年以内で転職を考える場合というのは、転職先の企業などの面接官にとってあまり印象の良いものではありません。特に、大学を卒業して3年以内で前の職場を辞めるというのは仕事が長続きしないのではないかという印象を持たれてしまう場合が多いのです。

もちろんこれは、一般的な企業に就職した人たちだけにいえることではなく、新人看護師がすぐに職場を変える際にも面接官側からあまりよくない印象を持たれてしまうことが多いのです。では、新人看護師の転職で印象をよくするためにはどうすればいいのでしょうか。そのためのポイントの一つが、なぜ職場を変えるのか明確な目的を説明できるようにするということです。

就職して3年以内の場合に限らず、転職活動の場合には、なぜ転職を行うことにしたのか面接官に聞かれることが多いのです。その際にはっきりと明確な目的を持って新たな職場を探しているのだと面接官にアピールすることができれば、好印象につながります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ